校長挨拶


 
知的好奇心・探求心 五商ブランドの確立
                                                     校長 佐藤 俊一
 
 日頃から、本校の教育活動への御理解と御協力をいただきまして、ありがとうございます。
 歴史と伝統のある第五商業高校は、国立という文教地区に設置された都立高校です。
 2020年秋に実施予定の全日制課程80周年・定時制課程70周年に向けて、新たなステージをスタートしております。
 
 本校の教育目標は、
 「知性と感性に富む創造力豊かな人間を育てる」
 「明朗にしてたくましい心豊かな人間を育てる」
 「平和を愛し、国際社会に貢献できる人間を育てる」です。
 本校の教育目標のもと、「国立に五商あり 人づくり夢づくりの商業
(まな)高校(びや)」を合い言葉に、教育活動の重点として「教育内容の充実と進路実績の向上」を掲げ、「学習活動・特別活動の充実と資格取得の推進」「心身の健康・体力の向上」を柱として、歴史と伝統を礎に、新しい五商ブランドの確立を図ってまいります。
 
 私は、生徒が五商の高校生活を通して感動体験を積み重ね、思い出という「宝物」を得て卒業してほしいと考えています。
 そのためには、教育内容の充実化が極めて重要です。生徒の学力向上、資格取得、進路学習、学習習慣の定着や、学校行事、生徒会活動や部活動等の充実、心身の健康・体力の向上等を教職員が一丸となって力強く推進していきます。
 
 五商は、昨年度から、生徒の主体性を重視したノーチャイム制を導入しています。
 五商生も、日々の授業や学校行事、生徒会活動や部活動に真剣に取り組み、知的好奇心や探求心をもって、主体的に学んでいます。
 本校は、「主体的、対話的で深い学び」、いわゆるアクティブ・ラーニングにつながるため、これまで取り組んできた「分かりやすい授業」に加えて、今年度は「生徒が自ら学ぶ授業」を目指し、全ての生徒の学力向上の取組を進めるとともに、生徒の進路希望の高いレベルでの実現のために、高度資格取得のほか、一橋大学、首都大学東京などの地域の大学の教授等や、国際ロータリー、日本政策金融公庫など、地元企業や公的機関、NPO法人などと連携して、本校の教育内容の充実化を図っていきます。

 また、日々の主体的・対話的で深い学びの授業と、各学年の全教科・科目統一定期考査に加え、外部模試と分析結果の活用や、小論文など文章表現力を向上するための学習などを学期ごとに実施して、カリキュラムマネジメントを行って五商の教育の質の保証を図ります。
 
 これまでの取組の成果は、学習の手引きに当たる「学びの羅針盤」、進路の手引きに当たる「進路ノート」という名前の冊子にまとめ、生活の手引きに当たる「生徒手帳」とともに、生徒に配布して、五商での学習、進路、生活に活用します。保護者の方も是非、御覧いただき御家庭でも御活用ください。
 
 急速なスピードで変化する社会の中、生徒に柔軟な真の力をはぐくむことにより、教育目標を実現し、10年後、20年後、将来の国際経済社会で五商生が活躍する五商ブランドの確立を図ります。
 
 
〇 本校では、授業公開や、学校見学会、学校説明会等の全日制課程の学校広報活動を実施します。詳細は、本校のホームページで御確認ください。
 
 早い時期からの高校の情報収集は、その分、進路希望の実現につながると思います。
 第五商業高校を進路選択の1校にお考えの皆様方におかれましては、是非、これらの機会にお越しくださいますようお願いいたします。
 皆様の御来校を教職員一同、心待ちにしております。どうぞよろしくお願いいたします。



 
〒186-0004 東京都国立市中3丁目4番地
電話 : 042-572-0132 ファクシミリ : 042-573-8794
アクセス